投稿日:2023年4月10日

フロンガスとエアコンの関係とは?空調設備にまつわる豆知識

こんにちは!
本拠を置く大阪府岸和田市や貝塚市など泉州エリアを中心に、関西で空調設備工事・換気設備工事を手掛けている株式会社Axisです。
皆様はフロンガスとエアコンの関係性をご存じでしょうか。
今回は、空調設備にまつわる豆知識「フロンガスとエアコンの関係」についてお伝えしてまいります。
空調設備工事や業務用エアコン取り付け工事に興味がある方は、ぜひ最後までご覧ください!

エアコンとフロンガスのかかわりとは

ガス計測
エアコンには冷媒が必要で、冷媒にはフロンガスが使用されていました。
フロンガスには空気中の熱を運ぶ役割があり、ただ運ぶだけではなく「熱を吸い取って部屋の温度を下げる=冷房」「外気から熱を吸い取って部屋の中に送り込む=暖房」といった働きをします。
そのため、フロンガスは冷媒として、エアコンの心臓部といっても過言ではありません。

冷媒はどこに?

エアコンは、室内機・室外機・配管の主に3つで成り立っています。
冷媒は、この3つの中で配管の中に充填されています。
冷媒が運んだ熱を室内機と室外機の熱交換器が受け取り、室内の温度を調整しているのです。
例えば冷房だと、室内の空気中から熱を運び出して、室外機からその熱を放出し温度を下げています。
暖房はその逆で、室外の空気から熱を取り出し運び、室内を温めています。
冷媒は常に配管を行き来し熱をコントロールしている、重要な役割を果たしているといえるでしょう。

代替フロンからグリーン冷媒

冷媒として使用されるフロンガスは、地球のオゾンホールを破壊する性質を持っていると言われています。
そのため、現在はエアコンにフロンガスは一切使用されていません。
代替フロンが採用されましたが、まだ一部は使われているもののこれについてもやはり基本的には使用されていません。
では現在の冷媒には何が使われているのでしょうか。
近年のエアコンにはR32という冷媒が使われており、HFC(オゾン破壊係数)がゼロなのです。
今後ますます主流として広く普及していくでしょう。

【求人】エキスパートの元で学びませんか?

パズル矢印
株式会社Axisは、ただいま電工・施工スタッフを募集しています。
空調設備工事や業務用エアコン工事、換気設備工事に興味をお持ちの方は、未経験でも大歓迎です!
もちろん経験を生かしたい方やキャリアアップしたい方も、即戦力として能力に応じ優遇いたします。
空調設備工事のエキスパートが丁寧な指導とサポートで、あなたの成長を応援します!
労働災害保険や健康保険など福利厚生や手当も充実していますので、安定して長く働きたい方にはおすすめです。
興味をお持ちくださった方は、ぜひご応募ください。
最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございました。

株式会社Axis
〒596-0825 大阪府岸和田市土生町2477
TEL:072-468-9324 
FAX:072-479-7299
個人の方は直接お電話いただけると幸いです。
※留守の場合は転送されます。
※営業電話は固くお断りいたします。

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

全国的な新型コロナウィルス感染症緊急事態宣言に先駆けて。

全国的な新型コロナウィルス感染症緊急事態…

株式会社Axisの今後のコロナウィルス感染予防、拡散に対する対応について。明日全国的に緊急事態宣言が …

施工実績②

施工実績②

こんにちは! 大阪府岸和田市の株式会社Axisです。 弊社は、オフィスビルや工場、店舗などを対象とし …

大阪府新大阪駅付近 ビル エアコン更新工事

大阪府新大阪駅付近 ビル エアコン更新工…

株式会社Axisは大阪府岸和田市に拠点を構え、貝塚市など関西一円で活動しています。工場・ビル・店舗な …